新築祝いナビ

新築祝いナビ

新築祝いナビ TOP → その他のお祝い 快気祝い

快気祝い

快気祝いとは、病気が治ったことや退院したことを祝う内祝いというのが本来の意味ですが、最近は病気の際に見舞いを頂いたお礼として贈る場合が多いようです。一般的にお祝いを贈るのは退院した本人で、病気が全快した報告とともにお礼を贈ることになっています。

また、快気祝いはお礼を贈る他に自宅にお世話になった方やお見舞いを頂いた方を招いて快気祝いの宴を開くことがあり、「おかげさまで元気になりました」という感謝の気持ちを込めておもてなしをする習わしがあります。

快気祝いを贈る時期は、退院した後または病気から回復した後1週間〜10日目くらいが良いでしょう。快気祝いでお返しとして贈る品物は、「病気が残らないように」という意味をこめて食べて無くなってしまうものや、使い切ってなくなってしまうものを選ぶのが一般的です。

そのため、菓子類やコーヒー、お茶、調味料、洗剤、石鹸、入浴剤などが定番となっています。食べ物だと相手の好き嫌いが気になるという方には、相手が自分で欲しいものを選ぶカタログギフトを贈ることもあります。

快気祝いで使用するのしは、一度きりのお祝いを意味する紅白の結びきりの水引のもので、表書きは「快気祝」「快気内祝」「全快祝」「内祝」とします。下段には病気をした本人の姓だけを書きます。

快気祝いの金額の相場は頂いたお見舞いの半分〜3分の1程度を目安にするとよいでしょう。頂いた金額がまとまっていない場合には一律で決めて贈っても問題ありません。会社や仕事関係の方へ贈る場合は「○○課御一同様」としてお菓子を贈る場合が多いようです。

その他のお祝い

新築祝いの基礎知識
新築祝いのマナー
新築祝いのおすすめプレゼント
新築祝いのお返しについて
その他のお祝い